用紙・色校正について

グラフィックデザイン

  • サービス一覧
  • 会社案内作成
  • パンフレット・リーフレット作成
  • カタログ作成
  • ポスター・広告作成
  • IR関連出版物
  • DM(ダイレクトメール)制作
  • 英語版制作物
  • イベント・セミナー運営サポート
  • その他の制作物
  • 制作手順について
  • 環境配慮型印刷について
  • 特殊加工印刷について
  • 用紙・色校正について
  • コミュニケーションワークフロー
  • よくあるご質問
  • 料金・お見積もりについて
  • グラフィックデザイン制作実績
お問い合わせ-お見積もり無料 フリーダイヤル 0120-595-590 受付時間9:00〜18:00(土・日・祝日を除く) メールでのお問い合わせ フォームからのお問い合わせ
イベント・セミナー運営サポーチ プロヴの英文添削 CheckPro by PROV. プロヴの特長

用紙について

デザイン、ご予算に応じて用紙のご提案をいたします。※下記は代表的な用紙種の一部です。

グロス系(光沢紙)

コート紙:カタログなどで使われる一般的な用紙です。
アートポスト紙:厚手のアート系用紙です。
ミラーコート紙:鏡のように光反射する用紙です。
グリーンコート紙:再生紙などのエコ系用紙です。


マット系(非光沢紙)

マットコート紙:カタログなどで使われる一般的な用紙です。
マットポスト紙:厚手のマット系用紙です。
グリーンマット紙:再生紙などのエコ系用紙です。
サテン金藤紙:発色性が高く、マットとコートの特徴をミックスした高級紙。


ファンシーペーパー系(手触り感がある高級紙)

アラベール:微妙な風合いで優しい手触り感。
タント:微妙な色感と質感を表現、豊富な色。
マーメイド:うろこのようなエンボスが特徴。豊富な色数。
ヴァンヌーボ:高度な印刷再現性を持つ高級ラフ・グロス用紙。
Mr.B:マット調のしっとり感とグロス感が両方持つラフ・グロス用紙。


色校正について

色校正・最終校正とも言い、印刷物の実際の仕上がり具合をプリントしてチェックする作業です。
色校正には大きく下記2つの方法があります。
仕上がり内容や御予算、スケジュールに合わせてお選びいただけます。

簡易色校正/DDCP(標準無料対応)

DDCPとは「ダイレクト・デジタル・カラー・プルーフィング」の略です。
校正紙を校正専用機で刷らずに専用紙に直接出力するカラー出力システムです。
DDCPでは一般的なレーザー/インクジェットプリンタに比べ、実際の印刷物とほぼ同じようなアミ点を表現できる機能や、インキ色に近づける調整機能も含めて、はるかに通常の印刷物に近い校正紙としての出力が可能になります。
DDCPは専用紙の使用により、コートやマット紙など一般紙を想定した校正紙としては必要充分なシュミレーションが可能です。従来のフィルム〜刷版出力による色校正よりもコストダウンとスピードアップの両面で効果を生みます。
色味については、簡易校正の方はやや色が濃い(またはインクが多めにのっているような感じ)に見えますが、本番の印刷にはまったく問題ありません。
簡易校正は、納期まで時間がない場合やチラシ・DMなどに向いていますが、写真のメリハリ、質感が大切な料理・化粧品・自動車・皮製品、特殊な紙などの印刷物には不向きと言えます。

本紙色校正(オプション有料対応)

本紙色校正は、実際にオフセットの印刷機を使ってインキ、ご注文された用紙を使用して校正刷りを行いますので、シビアな色目確認が必要な場合には最適です。但し刷り出しには2〜3日かかり、別途料金がかかります。ページ数や色数など内容によって金額は大幅に変わります。